menu
  1. 差し歯の仕組みを歯医者に行く前に正しく知ろう
  2. インプラントには一回法と二回法がある?
閉じる
  1. 歯医者でインビザラインは矯正歯科にて
  2. 審美歯科でも歯並びの治療
  3. 差し歯の仕組みを歯医者に行く前に正しく知ろう
  4. インプラントの失敗と術後の注意点
  5. インプラントには一回法と二回法がある?
閉じる

インプラントの治療は日々進化を続けていて、インプラントの挿入数が少なくなっていたり手術の種類も増えて選べるようになっています。 虫歯を放って置くと症状はどんどん悪化してしまいます。 近年では審美性の高いものが選ばれる傾向にあるので、審美性の点でも優れているインプラント治療について理解を深めてみてはいかがでしょうか。

歯医者でインビザラインは矯正歯科にて

歯列矯正には色々な治療法があります。
マウスピースを装着して歯列矯正を行う、「インビザライン」での治療を検討しているのであれば、一般歯科ではなく矯正歯科を受診しましょう。
インビザラインは新しい矯正治療ということもあり、歯列矯正を専門としている矯正歯科しか、治療を行っていないケースがほとんどです。

インビザラインは透明なマウスピースを装着し、歯並びを良くする歯列矯正です。
一般歯科では金属製の矯正器具を歯の表面に装着する治療法がメジャーとなっています。
金属製の矯正器具を使うので、この治療法だとどうしても口元が目立ってしまいます。
インビザラインはというと透明なマウスピースを装着するので、目立たないというのが特徴的です。
審美性の良い歯列矯正として、矯正歯科ではインビザラインでの治療を導入している所も増えています。

また、食事をしやすく口腔内を衛生的に保てるという点もインビザラインの魅力です。
金属製の矯正具での治療は歯の表面にワイヤーを装着するので、口腔内に違和感を覚えやすいと言われています。
慣れるまでは食事もしにくくなるようです。
また矯正器具の隙間に食べかすが残りやすく、口臭が気になるというケースも少なくないようです。

インビザラインでの治療は1日20時間以上、マウスピースを装着するという決まりはありますが、残りの4時間は自由に取り外しが行えます。
食事をする時にはマウスピースを外すことができるので、普段と同じように美味しく食事をすることが可能です。
歯磨き時もマウスピースを外せるので、歯と歯の隙間など細かい部分もブラッシングが行き渡り口臭予防も行いやすいでしょう。
マウスピースも専用の洗浄剤で洗うことが可能です。
雑菌の繁殖も抑制でき衛生面でも安心です。

またワイヤーでの歯列矯正は口腔内の違和感から、発声がしにくいという問題も起こります。
インビザラインの場合、引っ掛かりの無いマウスピースを装着するので、発声しにくいという感覚に陥ることも少ないようです。
このようにマウスピースを使った歯列矯正は、金属製の矯正器具を使う治療で起こりやすいトラブルや不満を解消することができます。
金属製の矯正器具を装着する治療法よりも、通院回数が少なくて済むという点もインビザラインの魅力です。
歯並びの悪さを解消したいけれど、金属製の矯正器具が目立つ治療は避けたい、できるだけ不便や不満を感じない治療を受けたいという人はインビザラインでの歯列矯正を検討してみてはいかがでしょう。

関連記事

おすすめ記事

  1. 差し歯の仕組みを歯医者に行く前に正しく知ろう
  2. インプラントには一回法と二回法がある?

ピックアップ記事

  1. 歯列矯正には色々な治療法があります。マウスピースを装着して歯列矯正を行う、「インビザライン」での治…
  2. 歯並びの治療をするのは矯正歯科だけではなく、審美歯科でも可能です。歯並びが悪く歯がガタガタだった…
  3. 歯がほとんどなくなっても差し歯にすればいいと軽く考えている人が多いです。けれども、差し歯というの…
ページ上部へ戻る