menu
  1. インプラントには一回法と二回法がある?
  2. 差し歯の仕組みを歯医者に行く前に正しく知ろう
閉じる
  1. 審美歯科でも歯並びの治療
  2. 差し歯の仕組みを歯医者に行く前に正しく知ろう
  3. インプラントの失敗と術後の注意点
  4. インプラントには一回法と二回法がある?
閉じる

インプラントの治療は日々進化を続けていて、インプラントの挿入数が少なくなっていたり手術の種類も増えて選べるようになっています。 虫歯を放って置くと症状はどんどん悪化してしまいます。 近年では審美性の高いものが選ばれる傾向にあるので、審美性の点でも優れているインプラント治療について理解を深めてみてはいかがでしょうか。

差し歯の仕組みを歯医者に行く前に正しく知ろう

歯がほとんどなくなっても差し歯にすればいいと軽く考えている人が多いです。
けれども、差し歯というのはどのような治療なのか、きちんと仕組みを知っている人は少ないです。
場合によっては誤解していて治療を希望しても受けられないケースもあるので、歯医者に行く前に正しく知りましょう。

まず、歯というのは歯茎から出ている部分だけではなく、歯茎の中に埋まっていて見えない部分まであります。
この部分を歯の根元という言い方をします。
歯の見えている部分がなくなってしまっても、根元が残っていれば、そこに金属で土台を作り、被せ物をすることで差し歯を作ることができます。

しかし、病気が進行して根元までなくなってしまったり、抜歯しているようなケースですと、土台を作ることができないので、差し歯という治療法を行うことは不可能です。
抜歯していると入れ歯などのほかの治療法を検討しなければいけません。
差し歯の仕組みを知っていると、どのようなケースには対象になり、抜歯しているときには使えないということを理解できます。
歯茎に被せ物を差しているのが差し歯だと思っている人もいますが、これは誤解です。

また、金属の土台のままでは見た目が悪いので、被せ物をします。
被せ物は人工歯と呼ばれていますが、使用される材料は様々です。
健康保険が適用になるのは、金属で作る被せ物です。
ただ、きれいに見えないのと、口の中で金属のイオンが溶け出すなどの問題があります。
前歯の場合は、保険でも金属の上にレジンと呼ばれる白い素材を張り付けることができますが、レジンはプラスチックなので長期間使っていると黄ばんでしまったり、割れることがあります。

そこで、金属やレジンではない素材で人工歯を作ることができるようになりました。
セラミックは透明感のある白さが特徴の素材です。
本物の歯のような質感を出すことができるので、大変人気です。
少し前までは強度の関係で内側に金属を使い、その上にセラミックを使用していましたが、今ではオールセラミックといって金属を一切使わずに被せ物ができるようになりました。

ただ、セラミックは歯ぎしりなどで一か所に多大な力がかかると割れてしまうことがあります。
そのような場合は、強度の強い人工ダイヤモンドや、セラミックの中にプラスチックを入れることでやわらかくした素材を使用します。
患者さんの噛み合わせによって被せ物の素材を選ぶことで、長期間いい状態で使うことができます。

関連記事

おすすめ記事

  1. 差し歯の仕組みを歯医者に行く前に正しく知ろう
  2. インプラントには一回法と二回法がある?

ピックアップ記事

  1. 歯並びの治療をするのは矯正歯科だけではなく、審美歯科でも可能です。歯並びが悪く歯がガタガタだった…
  2. 歯がほとんどなくなっても差し歯にすればいいと軽く考えている人が多いです。けれども、差し歯というの…
  3. かつては大学病院など一部の施設でしか治療を受けることができなかったインプラント治療も現在では技術を学…
ページ上部へ戻る