menu
  1. インプラントには一回法と二回法がある?
  2. 差し歯の仕組みを歯医者に行く前に正しく知ろう
閉じる
  1. 審美歯科でも歯並びの治療
  2. 差し歯の仕組みを歯医者に行く前に正しく知ろう
  3. インプラントの失敗と術後の注意点
  4. インプラントには一回法と二回法がある?
閉じる

インプラントの治療は日々進化を続けていて、インプラントの挿入数が少なくなっていたり手術の種類も増えて選べるようになっています。 虫歯を放って置くと症状はどんどん悪化してしまいます。 近年では審美性の高いものが選ばれる傾向にあるので、審美性の点でも優れているインプラント治療について理解を深めてみてはいかがでしょうか。

審美歯科でも歯並びの治療

歯並びの治療をするのは矯正歯科だけではなく、審美歯科でも可能です。
歯並びが悪く歯がガタガタだったり、出っ歯になっている人は口元の見た目が気になって物事に積極的になれないといった悩みを持つ場合が少なくありません。
そんな人が矯正歯科で歯列矯正を受けると歯並びを治すことが出来ますが、キレイな歯並びになるまでに長い期間がかかってしまうのが問題となります。

それに対して審美歯科での歯並び治療を選択すると、歯列矯正に比べて短期間で口元の見た目をキレイに出来るというメリットが得られます。
例えばこれから結婚式を行うなどの予定があり、早く歯並びを改善したいなら審美歯科の利用を考えてみるのが良いでしょう。

審美歯科で行う歯並び治療の内容は、問題となっている歯を削ってから被せ物として義歯を装着することで歯並びをキレイに整えるというやり方が多く使われています。
その時に使われる被せ物はセラミックを素材としている場合が多く、専門的な技術で自然な歯そっくりの色合いや形に出来るため審美性に優れた治療が可能です。
なお、セラミック製の被せ物を使って歯並びを整えれば金属アレルギーを起こす心配が無いのも良い点となります。

それから、歯並びの悪さの程度によってはラミネートベニアという方法で治療出来ることもあります。
ラミネートベニアは前歯がすきっ歯になっていたり並び方が悪い時に選ばれることがある方法で、元の歯の表面だけを削ってそこにセラミックなどで作った薄いパーツを貼り付けて歯並びの悩みを解決するのが特徴です。

審美歯科で並び方が悪い歯や出っ歯などを治そうとすれば、歯の並び方や向きだけでなく、歯の形や色までも同時に治せるのが便利です。
短期間の治療を受けるだけで口元の見た目に関する悩みが総合的に改善出来るため、コンプレックスを解消して前向きな自分になりたい人にはおすすめと言えます。

審美歯科と歯列矯正のどちらを利用して歯並びを治そうかと考えている人は、急いでいる場合は審美歯科、自分の歯をなるべく削りたくない場合は歯列矯正が良いでしょう。
審美歯科での治療なら、短期間の通院で良いので忙しい人にも受けやすいです。
口元に悩みがあると、他人からどう見られるかが気になってしまいがちですが、審美歯科で治療を受ければ自分の見た目に自信が持てるようになると期待出来ます。
なお、審美歯科を選ぶ時は豊富な症例を扱っているクリニックがおすすめです。
技術力が高い医師のいる審美歯科を探して歯の並び方を整えてもらいましょう。

東京にある茅場町なら口元の見た目を綺麗に整えてくれる歯科があります。
茅場町で有名な歯科として知られているので、訪れてみる価値はあるでしょう。
自分に合った最適の治療方法を提案してくれるはずです。

関連記事

おすすめ記事

  1. 差し歯の仕組みを歯医者に行く前に正しく知ろう
  2. インプラントには一回法と二回法がある?

ピックアップ記事

  1. 歯並びの治療をするのは矯正歯科だけではなく、審美歯科でも可能です。歯並びが悪く歯がガタガタだった…
  2. 歯がほとんどなくなっても差し歯にすればいいと軽く考えている人が多いです。けれども、差し歯というの…
  3. かつては大学病院など一部の施設でしか治療を受けることができなかったインプラント治療も現在では技術を学…
ページ上部へ戻る