menu
  1. インプラントには一回法と二回法がある?
  2. 差し歯の仕組みを歯医者に行く前に正しく知ろう
閉じる
  1. 審美歯科でも歯並びの治療
  2. 差し歯の仕組みを歯医者に行く前に正しく知ろう
  3. インプラントの失敗と術後の注意点
  4. インプラントには一回法と二回法がある?
閉じる

インプラントの治療は日々進化を続けていて、インプラントの挿入数が少なくなっていたり手術の種類も増えて選べるようになっています。 虫歯を放って置くと症状はどんどん悪化してしまいます。 近年では審美性の高いものが選ばれる傾向にあるので、審美性の点でも優れているインプラント治療について理解を深めてみてはいかがでしょうか。

インプラントには一回法と二回法がある?

インプラント治療は外科的な手術を必要とする歯科治療です。
インプラント治療には一回法と二回法という、2種類の手術方法があることをご存じでしょうか。
この治療を受ける場合、2種類の手術方法のメリット・デメリットをしっかり把握しておく必要があります。

一回法と二回法とで異なるのは手術回数です。
インプラント治療では顎の骨に人工歯根を埋め込むため、歯茎などを切開する手術を受けなければいけません。
一回法はフィクスチャーと言われる人工歯根を埋めた後、金属製でねじのような形をしている、ヒーリングアバットメントという器具を歯肉の表面に出しておくという手術を行います。
その後、フィクスチャーが顎の骨に定着するまで、約2ヶ月から半年程度の期間、そのまま放置するのが一回法の手順です。

上部構造を装着する際はヒーリングアバットメントを外すだけで済むので、手術が1回で済むというメリットがあります。
1回のみの切開手術となるため、患者さんへの負担も少ないようです。
ただしフィクスチャーが骨と定着するまでに、感染症を起こすリスクがあると言われています。
もし、定着する前に感染症を起こしてしまった場合、インプラント治療を再度、受けなければいけません。
場合によっては感染症によって再手術が必要になるという点が、一回法のデメリットです。

二回法は一回法とは異なり、2回に分けて切開手術を行います。
最初の1回目の手術でフィクスチャーを顎の骨に埋め込み、その後は1度歯肉を塗って閉じるのが二回法の特徴です。
フィクスチャーが定着したら再度、歯肉を切開して上部構造とフィクスチャーを連結させる、アバットメントを装着する手術を行います。
2回、歯肉部分を切開しなければいけないので、一回法よりも患者さんへの負担は多少かかってしまうという点は、二回法のデメリットと言えるでしょう。

しかし、二回法のほうが一回法よりも感染症を発症するリスクが少ないと言われています。
インプラント治療の成功率が高いのは二回法です。
感染症によって再手術が起こるリスクが少ないという点は、二回法のメリットと言えます。
このようにインプラント治療は手術方法によって、メリット・デメリットが異なります。
手術を受ける場合は歯科医師としっかり話し合い、どのような手術方法を選択するのがベストなのか決めましょう。
適切な手術方法を選択することができれば、失敗するリスクも最小限に抑えられインプラント治療もスムーズに進みます。

関連記事

おすすめ記事

  1. 差し歯の仕組みを歯医者に行く前に正しく知ろう
  2. インプラントには一回法と二回法がある?

ピックアップ記事

  1. 歯並びの治療をするのは矯正歯科だけではなく、審美歯科でも可能です。歯並びが悪く歯がガタガタだった…
  2. 歯がほとんどなくなっても差し歯にすればいいと軽く考えている人が多いです。けれども、差し歯というの…
  3. かつては大学病院など一部の施設でしか治療を受けることができなかったインプラント治療も現在では技術を学…
ページ上部へ戻る